竹上内科クリニック

内科,神経内科
〒602-0822 京都府京都市上京区出町桝形上ル青竜町199
TEL 075-211-3830

 

トップページ»  医師のご紹介

医師のご紹介

ご挨拶


 
皆様、こんにちは。
竹上 徹(たけがみ とおる)と申します。

 私は、平成17年10月1日より竹上内科クリニックを京都市上京区の出町商店街の北に開設致しました。
 京都府立医大卒業後、母校はもとより、京都府立洛東病院、宇治黄檗病院などで多数の先生方から臨床医学を学び、開業に至りました。
 病院の勤務医と開業医では立場も役割も全く異なりますが、患者さんやそのご家族に誠意を持って対応し、医師として人間として自分の能力(あるいは守備範囲)を精一杯医療に生かすというスタンスは、従来から何ら変わることはありません。
もちろん大病院のような設備や医療スタッフは望むべくもありませんが、地域に根ざした小さなクリニックだからこそ、地域の皆様にきめ細かい治療や指導を行うことが可能となります。幸い、看護師、受付事務のスタッフも、私の医療に対する考えを理解してくれる優しい人材が揃っております。
 私はスタッフとともに自分の役割をきちんとこなすことで少しでも多くの方から信頼され頼りにされるよう努力を続けたいと思っております。

 なお、開院の際、地域の皆様や患者様にクリニックの存在意義を示すため、次のような約束をさせていただきました。
(1)困ったときに力になれるクリニックであること、
(2)患者様の訴えを真摯に受け止め、いきいきした生活を求めて患者様とともに歩むクリニックであること、
(3)うそやごまかしをなくし、わかることとわからないこと、良い悪いをはっきり告げるクリニックであること、
(4)患者様が元気で長生き出来るように脳卒中や心臓病などの発症を予防するためのリスク管理を徹底的に口を酸っぱくして指導するクリニックであること、
(5)受診してみて、ここへ来てよかったと感じて頂けるよう心があったまる医療を心掛けること。

この約束を果たせるクリニックでありたいといつも願っています。
皆様もクリニックに是非一度お越し下さい。見学もできますよ。

 

院長略歴

竹上 徹(昭和26年5月22日生まれウサギ年)
京都市上京区寺町今出川上ル二丁目鶴山町に生まれる

《学歴》
京極小学校、上京中学、朱雀高校を経て
昭和 46 年 4月 京都府立医科大学 入学
昭和 52 年 3月 京都府立医科大学 卒業
昭和 52 年 5月 医師免許取得
昭和 57 年 3月 医学博士

《職歴》
京都府立医大第二生理助手(昭和52年4月より5年)
京都府立医大第一内科勤務(昭和58年4月より1年9ヶ月)
京都府立洛東病院神経内科勤務(昭和59年1月より18年8ヶ月)
  平成6年4月より同病院神経内科医長
  (平成10年4月より京都府立医大第一内科講師:併任)
宇治黄檗病院副院長(平成14年9月より3年)を経て
平成17年10月1日 竹上内科クリニック開院
 

 

専門とする疾患など

◆内科全般(専門は神経内科、特に脳卒中、老人医療等)
◆京都府立洛東病院で19年、宇治黄檗病院で3年学んだ医療が主です。
◆内科救急全般。内科研修医教育。脳卒中の急性期からリハビリ、慢性期治療
  および予防医学。動脈硬化のリスク管理(生活習慣病予防)。神経難病管理。
◆高齢者、身体障害者、認知症患者への対応。在宅医療。往診。産業医活動。

 

所属学会・認定医

日本内科学会認定 内科認定医
日本神経学会認定 神経内科専門医
日本医師会認定  産業医

 

スタッフ紹介

クリニックの受付で皆様をお迎えする優秀な事務スタッフは、仁井田さん、伊地知さん、武藤(たけとう)さん、山田さん、松永さんの5名が交代で勤務しています。
そして、患者さんを優しくケアする看護師も、亀澤さん、水本さん、池尻さんの3名がやはり交代で勤務しています(平成23年12月現在)。
私は勤務医時代から、病院のスタッフとはできるだけ話をしやすい環境を作るよう努力してきました。その方針は今も変わりません。おかげで彼女たちは私の気持ちをよく分かってくれますし、間違いがあれば厳しく指摘してくれます。いいスタッフは医師にとっても非常に有難い存在です。